キッチンカー開業する方必見!キッチンカーの営業許可申請に必要な資格と審査基準

キッチンカーを開業してキッチンカー事業を始めたいと考えている方が今増えています。
テイクアウト需要もコロナ禍で伸びてきて、キッチンカーを開業し、新たな事業をしようと考えていませんか?

しかし、キッチンカーで飲食販売するにはどんな資格が必要か、どんな審査基準なのかわからない方も多いと思います。

そこで、キッチンカーの飲食販売に必要な許可と審査基準を細かく説明して行きます。

1.キッチンカー開業する方必見!キッチンカーの営業許可に必要な資格と審査基準

2021年6月1日の法改正により、キッチンカーの審査基準も変更がありました。
以前は、各都道府県ごとにキッチンカー設備や審査基準が変わっていました。
2021年6月以降は、審査基準が優しくなった地域もあったり厳しくなった地域もありますが、基本的に全国でキッチンカー設備の審査基準が統一され、キッチンカー販売が全国でしやすくなりました。

もちろん、細かな部分はまだ統一されていない部分もあったりしますが、ほとんど変わりません。
わからない方は各自治体に問い合わせてみましょう。

2.HACCPによる衛生管理

法改正により、HACCPに沿った衛生管理が義務化されました。 自動車営業やその一次加工所(車内で調理する材料の下処理や加工をする場所)においては、【HACCP の考え方を取り入れた衛生管理】を行う必要があります。

業界団体が作成した手引書に基づき、衛生管理計画を作成したうえで、 毎日の衛生管理の実施や記録の作成・保存を行うことが必要となります。

衛生管理の際も、マスクをつける最低限のマナーは守りましょう。
マスクがないように常に発注を忘れないようにしましょう。

送料無料のマスクサブスク

3.必要資

①食品衛生責任者

基本的に調理師免許等の資格を持っている方は、必要資格の基準を満たしているので、他に取得しなければならない資格はありません。

調理師免許等を持っていない方は、飲食店を開始するために必須の資格があります。
調理師免許は取得に時間がかかりますので、もっと簡単に資格を得る方法があります。
それは「食品衛生責任者」です。

食品衛生責任者について、詳しく説明して行きましょう。

取得方法

食品衛生責任者の資格は、公益財団法人大阪食品衛生協会が有料で実施しています。
食品衛生責任者養成講習会を受講することで取得できます。

申し込み方法

申し込み方法は、食品衛生講習会のネット申込かハガキで申し込めます。
講習時間は1日(10:00〜17:00)で終了します。
テストがあるので、気を抜かず最後まで講習を聞くようにしましょう。

受講料は10,500円です。

開催は、月6〜7回は実施しているそうなので、予定に合った時間に講習を受けましょう。

4.営業許可の審査基準

キッチンカーの審査は、ご自身が住んでいるところの保健所で行います。
しかし、キッチンカーの営業許可は自治体によって営業できる範囲が違い、住んでいるところの範囲内でしか営業ができない可能性があります。

ご自身の住まいでの営業範囲の確認はキッチンカー営業許可取得範囲がわかる!【2021最新版】ご覧ください。

それではキッチンカー営業許可の申請基準を一つずつ見て行きましょう。

5.キッチンカーの営業許可は給水・排水タンクの量で3種類に分けられる。


2021年6月1日以降、キッチンカー飲食店営業許可の審査基準が全国で統一されました。
以前は、各自治体でキッチンカー営業許可の審査基準が違っていたのですが、キッチンカー業者にとっては、プラスになったのではないでしょうか。

キッチンカー営業許可の審査基準は、給排水設備に必要なタンク容量が40リットル、80リットル、200リットルの3種類に分けられるようになりました。
給水に必要な量と、排水に必要な量を合わせますので、
40リットルの場合は
排水40リットル、給水40リットル
80リットルの場合は
排水80リットル、給水80リットル
200リットルの場合は
排水200リットル、給水200リットル

となります。
間違える人が多いので注意しましょう。
タンクの容量によって、調理、加工できる工程や提供できるメニューが変わります。

1つずつ見て行きましょう。

6.各リットル毎の取り扱える商品

40リットル

簡易な調理のみ(温める、盛り付けるなど)、または単一商品のみ取り扱うこと。
※2021年6月1日以降ご飯ものの取り扱いが可能となっております。

簡易な調理となっていますが基本的に、直前加熱食品であればOKです。
【例 焼きそば たこ焼き フランクフルト カレー など直前加熱食品であればOK】

しかし、複数品目の商品を取り扱えません。あくまでも単一商品のみの取り扱いとなります。
唐揚げならそれだけです。
唐揚げとポテトなど複数品目の商品は扱えません。

使い捨て容器のみの取り扱いです。

80リットル

・大量の水を要しない、2工程程度までの簡易な調理を行うこと。複数品目を取り扱える。
 使い捨て容器を使用すること。となっております。
40リットルの調理に加えて、加熱済食品の盛り付けやアイスクリームの商品も取り扱えます。

また、複数品目の商品を取り扱えるので、複数品目を取り扱うキッチンカーを始めたい人は、給排水80リットル以上の設備が必要です。

200リットル

大量の水を要する調理を行う、複数の工程からなる調理を行うこと。
ラーメンやうどんを取り扱うとなると、200リットルの審査基準になると思います。
200リットルは、軽自動車では、厨房内がどうしても狭くなるため、200リットルでの営業許可の取得は厳しいかもしれません。

給排水200リットル以上乗せられる車は、キッチンカー内で調理・加工・仕込みができ、
なま物の商品も取り扱うことができます。


また、通常の食器を使用することができます。
40リットル、80リットルでは、使い捨て容器しか取り扱えませんでしたが、200リットルの場合は、通常のお皿などを使用することができます。

7.仕込みはどうしたらいいか

40リットル、80リットルは、キッチンカー内での仕込みはできません。
ですので、調理する場合はあらかじめカットされている食材を購入しるなど工夫をしましょう。
仕込みをして提供したい方は、キッチンカー以外の飲食店営業許可を取得している飲食店の厨房内で仕込みをする必要があります。
営業許可取得時に、保健所に一緒に申請しなければなりません。
その時に、仕込みをする飲食店の責任者のサインや証明が必要になる可能性がありますので、一緒に保健所に連れて行くことをお勧めします。

200リットルの営業許可取得の場合は、キッチンカー内で仕込みができます。
全ての仕込みがOKということではありませんので、それらの仕込みがキッチンカー 内で大丈夫かどうかは保健所に確認しましょう。

8.蛇口やシンクの設備について

キッチンカーの設備には、蛇口設備は必須です。調理器具を洗ったり、手を洗ったりするのにシンクを必ず使います。衛生的にも、蛇口あるのと無いのとではあった方が絶対にいいですよね。

そこで、どういった蛇口やシンクが必要なのかを説明して行きます。

①蛇口はレバー式or自動(脚で踏んで水を出す)ものでないと審査は通りません

2021年6月以前は、回転式(いわゆる手を使って蛇口をひねる)の蛇口でOKでした。
しかし、2021年6月1日から、回転式の蛇口が禁止になりました。

理由は、コロナ禍において回転式の蛇口だと、蛇口部分が手で触れてしまい折角洗った手をまた汚してしまったり、菌が付着してしまったりするとのこと。

そこで、蛇口をレーバー式か自動にすれば、蛇口に触れることなく手を洗ったり、器具を洗ったりできるということで、レバー式か自動の蛇口でないといけないということになりました。

レバー式であれば、手ではなく肘で蛇口をひねり、水を出すことができるからOKとのこと。

自動式とは、足のスイッチを押すだけで水が出たり、肘でボタンが押せば、水が出たりするものであればOKです。

また、除菌でお困りの方は水道水で除菌できる高機能スプレーがあります。

家中どこでも除菌、水道水で作れる高機能除菌スプレー【e-3X】

②シンクの大きさや個数(タンク容量別で見る)


シンクの設備は基本的に ①手洗いシンク と ②洗浄用シンクに分けられます。

手洗いシンクは手の消毒用に1槽シンクが必要です。
ですので、ハンドソープやアルコールスプレーは常備しておきましょう。

洗浄用シンクは、調理器具を洗う用のシンクです。
ですので、食器洗剤も常備しておく必要があります。

③シンクの大きさ

2021年以前は、各自治体でシンクの大きさが決まっている地域もありました。
しかし嬉しい事に、法改正により、シンクの大きさに規定がなくなりました。
異常な小ささは、認められないでしょうが、他が入る大きさのシンクや調理器具が洗えるくらいのシンクの大きさで大丈夫です。

④シンクの個数

40リットル

40リットルの場合、地域によっては手洗いシンクと洗浄シンクを1つにまとめ、1槽のみでOKというところもあります。

80リットル

80リットルの場合は、手洗いシンクと洗浄シンクの2つが必要になります。
アルコールスプレー・ハンドソープ・食器洗剤もキッチンカーに積んでいるかを保健所の人がチェックしますので必ず置いておくようにしましょう。

200リットル

200リットルの場合、基本的には手洗いシンクと洗浄シンクです。
各自治体もその2つに定めています。
販売する商品によっては、給湯器の設置が必要な場合があります。
そのような細かい部分は、販売する各地域の保健所に相談しましょう。

9.その他の設備(必ず必要な物)

キッチンカー営業許可書申請で必ずチェックされる備品や設備もありますので紹介します。
こちらの設備や備品がないと、再チェックになり、手間がかかったりしますので注意しましょう。

①冷蔵設備

冷蔵設備は冷蔵庫かクーラボックスが必要です。
冷蔵庫は、必ず温度計がついている冷蔵庫を導入しましょう。
クーラーボックスの場合は、温度計をクーラーボックスに設置し、食品の衛生を保ちましょう。

200リットルで申請をしているキッチンカーの場合は、冷蔵庫の設置を推奨します。
取り扱う食材や商品が多く、クーラーボックスでは対応できません。
設置した冷蔵庫で、食材が一定以上入らない場合は、クーラーボックスでの併用も検討しましょう。

②蓋付きゴミ箱の設置

ゴミ箱は必ず蓋付きでなければなりません。
蓋が開いているゴミ箱は、衛生上ふさわしくないのでやめましょう。

また、蓋付きゴミ箱は2個あると便利です。

出店した時に、お客様用のゴミ箱の設置を、主催者や場所を提供してくださる担当者様からの指示がある場合がよくあります。
お客様用と、キッチン内用の2つあると、とても便利です。

③保管設備(フードパック保存棚やその他戸棚)


保管設備も営業許可書申請の際にチェックされる項目です。
こちらの保管設備に関しては、各自治体で、必ず必要な保管備品が異なります。
フードパック保管棚と調理器具保管棚が必要の場合もあれば、
調味料棚も必要になってくる場合もあります。

ですので、3つあれば便利です。
フードパック棚・調理器具棚・調味料棚を揃えていれば大丈夫でしょう。

④換気設備

換気設備も必ず必要です。
換気扇は必ずつけましょう。
できれば、窓の設置も同時にしていれば便利です。

⑤販売窓の設置

2021年6月以降、販売面に窓が必ず必要になりました。
営業中であっても、お客様が来ないときに、虫がよく入ったりすることがあります。
その虫が食材に混じったりしたら商品をもらったお客様のクレームになります。
そのため、販売面に窓を設置し、お客様がいない場合極力閉めるようにしなければなりません。

2021年6月以前に作られた軽自動車のキッチンカーは販売窓がないことが多いです。
規定が変更になっているので、中古車を購入するときは気をつけましょう。

10.まとめ

2021年6月以降、変更になった部分はいっぱいありますね。
大規模な変更は1年に1回あるかないかです。

そして、営業許可の範囲も急に変わる(広くなったり営業許可証の範囲が統一)されたりします。
最新の営業許可証の情報はこちらもご覧ください。
2021年12月の情報を更新しております。

各自治体によっても、本当に細かいところが違ったりするので、必ずお住まいの地域や販売する地域で審査内容を確認するようにしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました